« さてさて 今日は どうしましょう? | トップページ | インフルエンザに負けないぞ! »

スズメの雛

先日書き込みをした、インコの「スピカ」と「ルカー」のお話をする前に、拾われたスズメの雛「ラッキー」のその後をご報告します。

dog「ラッキー」と名前をつけたのですが、あまりにも小鳥っぽくないと不評だったので、アルプスの少女ハイジが育てた小鳥、chick「ピッチィ」と名前を変えました。 籐のカゴに新聞と軟らかい布、その上にテッシュを丸めたものを置き、この巣の中でピッチィは落ち着くことになりました。拾った時は力強く鳴いていました。この日はもう暗くなる時間だったので、ご飯をすり潰したものをお箸で少量与えることになったのですが、口を開けてくれないので無理矢理こじ開けて食べさせました。 私は後ろ髪を引かれながら帰宅することにしました。

帰宅した私はこのことを子供達に話したところ、ドえらい怒られることになりました。

chick 雛は巣の中で他の雛達と体を温めあっているため体温が40度くらいある。ピッチィは体が冷えているから弱って餌を食べることが出来なくなる。我が家には小鳥の雛の保育器があるのに何で連れて帰らなかったのか。(・A・)イクナイ マムはそんなこと知ってたず?∑(゚∇゚|||)

散々言われてしまったが、私なりにウチにはややこしいスピカとルカーがいるから遠慮したのに・・・ でも連れて帰っていないのだから仕方がない。 翌朝、いつもより早い目に雛用の餌を数種類持ってホームに出勤しました。

chick ピッチィにまっしぐらし様子を覗うと、昨日より鳴き声が弱っていました。まずは保温をと考えカゴの底にカイロを設置してみました。夜勤を担当していた職員さんが夜明けと共に鳴きだしたので、餌をあげようと努力はしていてくれましたが、なかなか上手くいかなかったらしいです。本来ならば付きっきりで餌をやらねばいけないのに、これは大変と慌てて雛用の餌を作り、割り箸の先をヘラ状に、細いストローの先を切り雛のくちばしをこじ開けて、餌を食べさせてみたら、3口ほど食べたら眠ってしまったので、時間を見計らって巣の中のテッシュの交換をし、餌をあたえるが少しずつ弱っていきました。

chick 5月12日17:45 ピッチィは息を引き取りました。

鳥は弱った雛を他の雛がわざと巣から落としてしまうこともあると聞きました。それでも私は以前スズメの雛を育て手乗りにした経験もあったので、今回のピッチィに関して悔しくて悲しい気持ちでいっぱいです。(´・ω・`)ショボーン

次回の書き込みには楽しいセキセイインコ達のお話をします。happy01

by.グループホームやまびこ 『ちゃんと仕事してますから』 平岡

 

|

« さてさて 今日は どうしましょう? | トップページ | インフルエンザに負けないぞ! »

コメント

tulip

お早う御座います sblogです、只今 やまびこ GHさんの記事を拝見致しました、有難う御座いました。

投稿: sblog | 2009年5月16日 (土) 09時30分

おはようございます。こちらこそ、ありがとうございます。

投稿: 平岡 | 2009年5月18日 (月) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536382/45026842

この記事へのトラックバック一覧です: スズメの雛:

« さてさて 今日は どうしましょう? | トップページ | インフルエンザに負けないぞ! »